相続・遺言なら相続遺言サポート鹿児島へお問い合わせください
  • 相続・遺言、農地転用のことなら茶屋行政書士事務所へ

まず何をすればいいの?』
『遺産を相続する人はだれ?』
『銀行口座が凍結されて預金が引き出せない・・・。』
『遺産分割協議書が必要って金融機関に言われた・・・。』
『土地の名義変更するにはどうすればいいの?』

相続人になったらわからないことがたくさん出てきます。
一人では解決できないこと、
お困りのことなどを弊所と一緒に解決できればと
考えています。

 

相続人の間で遺産の分け方について話し合いがまとまったら
「遺産分割協議書」というのを作成します。
この遺産分割協議書を作成するために大切な事、
それは亡くなった方の出生から死亡までの
連続した戸籍を集めることです。

家族構成や誰が遺産を相続するか、など
自分自身でわかっていても
おかしなことではありません。

ただし、故人名義の銀行預金、不動産
などの手続きをする場合
金融機関などの第三者的な立場からすると
誰が相続人なのかがわかりません。

そこで誰が相続人であるのか、
客観的に提示するためのものとして
故人の出生から死亡までの連続した
戸籍の提出が必要となってくるのです。

この戸籍集めは簡単そうに見えて
実は大変骨が折れる作業だったりもします。

 

民法で決まっている相続分→

 

対応地域
鹿児島市全域

鹿児島市以外
南九州市、南さつま市、日置市、等

そのほかの地域はお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © 茶屋行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: Content is protected !!