相続・遺言なら相続遺言サポート鹿児島へお問い合わせください

遺産分割協議

  • HOME »
  • 遺産分割協議

亡くなった方の遺産を相続人全員で
どのように分け合うかの
話合いをすることを
「遺産分割協議」といい、
その内容を書面に書き出したものを
「遺産分割協議書」といいます。

 



相続人の間で遺産の分け方について話し合いがまとまったら
「遺産分割協議書」というのを作成します。

それでは、なぜ、遺産分割協議書を作るのでしょうか?

遺産分割協議書を各窓口に提出することで
次のようなことができます。

・不動産の名義変更
・凍結された預貯金の引出し
・相続税を申告する場合
・預貯金や株式、自動車の名義変更

などです。また、

「どのように分けたか、後日の証拠とする」
「あとで起きうるトラブルを避ける」
「言った言わないとならない」

などの効果もあります。

家族間で話がまとまってない場合は
この遺産分割協議書は作れませんので
ご注意ください。

※相続の流れをお知りになりたい方は
→相続の流れ
をご覧ください。

行政書士の相続業務

ojiisan_obaasan

 

←戻る

遺言書のすすめ→

外出してることもございますのでご来所の前にはご連絡ください TEL 099-297-5797 【月曜-土曜】 9~20時

PAGETOP
Copyright © 茶屋行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: Content is protected !!