相続・遺言なら相続遺言サポート鹿児島へお問い合わせください

3、相続の選択

  • HOME »
  • 3、相続の選択

3ヶ月以内に単純承認や限定承認、
または相続放棄をしなければなりません。

単純承認が今は一般的と言われており、
相続の約8割がこの単純承認といわれています。
単純承認とは、プラスの財産もマイナスの財産も
そのまま相続する、といったものです。

限定承認とは、まず、亡くなった方の財産から借金を返し、
残った財産を相続する、といったやり方です。
ただし、手続きがかなり面倒で税金的にも
デメリットが多いことから、
この限定承認をしている事例は少ないです。

相続放棄とは、プラスの財産よりも
マイナスの財産の方が多いため、
相続をしないという意思表示をすることです。
この相続放棄は家庭裁判所に申述をします。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_06_13/
(裁判所 相続の放棄の申述)

相続の流れへ→

ホームへ→

外出してることもございますのでご来所の前にはご連絡ください TEL 099-297-5797 【月曜-土曜】 9~20時

PAGETOP
Copyright © 茶屋行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: Content is protected !!